【トラブル解決!】Excelファイルを開くと、「ファイルが見つかりません」となる場合の対処方法

2021年11月19日

この記事でわかること

・ Excelファイルが開かなくなったときの解決方法

エラーメッセージ

デスクトップに置いているExcelファイルを開こうとしたところ、

「'C:¥Users¥XXX¥desktop¥◯◯◯.xlsx' が見つかりません。ファイル名およびファイルの保存場所が正しいかどうか確認してください。」

とのメッセージが表示され、ファイルを開くことができなくなりました。

※結論だけ知りたい人は、こちらをクリック!


ファイルサイズを確認

ファイルのサイズ自体は310KBほどあるので、ファイルが壊れているという可能性は低そうです。

よくあるのがファイル自体が壊れてしまってパソコン上で表示されるファイルのサイズが『0KB(ゼロキロバイト)』となってしまっている場合です。

この場合はファイルの破損が疑われ、おそらくは復旧は難しいので、そのファイルは諦めてバックアップなどを使う必要があります。


スプレッドシートで開けるか?

便利な世の中になったもので、ExcelやWordといったMicrosoftのソフトと同等の機能を有したアプリがGoogleのオフィススイート(生産性スイート)にて無料使えます。

Googleドキュメントとか、Googleスプレッドシートってやつですね。

Excelと同機能なのはGoogleスプレッドシートなので、こちらで読み込んで表示ができるかを確認したところ、問題なくファイルを開くことができました。

ここからもファイル自体に問題が無いことが分かります。

では、一度スプレッドシートにアップロードしたファイルを、再度Excel形式でダウンロードしてみたらどうなのか?

試してみましたが、やはり自分のパソコンに保存したファイルを開こうとすると同じエラーとなります。

※Excelファイルをスプレッドシートに変換する方法はこちら


Excel自体の問題か?

そこで、Excel単体が起動するかを試してみたところ、

「C:¥program files¥Microsoft Office¥Office¥Excel.exe'' が見つかりません。ファイル名およびファイルの保存場所が正しいかどうか確認してください。」

とエラーが表示され、Excel自体が同じように見つからないという状態になっていました。


対処法を求めて

対処法について調べたところ、公式サポートに対処方法が紹介されていましたが、この方法ではレジストリの操作が必要となります。

引用になりますが、以下の操作だそうです。

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。アスタWorksは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

1.[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

2.[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。

3.次のレジストリ キーを展開します。
HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\Open\command

4.右側のウィンドウで、[(既定)] をクリックします。

5.[編集] メニューの [修正] をクリックします。

6.[値のデータ] の文字列の末尾から %1 を削除し、このデータ文字列を以下のようにします。
“C:\PROGRAM FILES\MICROSOFT OFFICE\OFFICE\EXCEL.EXE" /e (二重引用符も含みます)

7.[OK] をクリックし、レジストリ エディタを閉じます。

Microsoft公式サポートより

上記の警告でも書きましたが、レジストリ操作は少なからずリスクを伴いますので、もっとパソコン初心者でもできるようなやり方を模索した結果、以下の操作で直りました。

もし、パソコンに詳しくてレジストリ操作が問題なくできるようであれば、上記のリンクの対処方法を行ってください。

もし、「レジストリってなに?」という人がいましたら、下記の操作をすればOKです。


アンインストール・再インストールで改善

なんのことはない、アンインストール・再インストールで改善しました

ただし、修復インストール(上書きインストール)では直りませんんでした(実証済み)。

必ず、一度アンインストールしてから、再インストールするようにしてください。


レジストリを操作すれば直るということは、レジストリがおかしくなっているということが原因です。

そのため、一度Excelをアンインストールして、再度インストールしなおせば、おかしくなる前の状態に戻せるということですね。

本現象にお困りの方は、Excelのアンインストール・再インストールで改善するか試してみてください^^