【トラブル解決!】迷惑メールになりにくい!自分のメールが送信ドメイン認証できているか確認する方法

この記事でわかること

・ Gmailを使って送信ドメイン認証状況を確認する方法

・ メールの送信経路を調べる方法

「送信ドメイン認証」とは、送信元メールサーバのIPアドレス認証や電子署名の仕組みを利用して、メールがなりすまされているかを判断する仕組みです。

これを使うと自分が送信しているメールが正しいものだと証明し、迷惑メールとして処理されにくくすることができます。

設定は送信元となるメールアドレスを運用しているDNSサーバーで行います。

例えば、Xserverでメールを管理されている場合は、Xserverでの設定になります。

ここでは、設定した「送信ドメイン認証」が正しく機能しているか、Gmailを使って確認する方法をご紹介します。

事前準備

確認したいメールアドレスからGmail宛にメールを送信します。


Gmailでの確認方法

1.Gmailで確認したいメールを開きます。


2.メールの右上にある縦の3点リーダーをクリックします。

Gmailを開いた状態


3.表示されたメニューから「メッセージのソースを表示」をクリックします。

メッセージのソースを表示


4.メールのソースが表示され、「送信ドメイン認証」を確認できます。

メールのソース画面


それぞれの結果が『PASS』と表記されていれば、正常に設定されていて認証が通ったということです。

もし、『FAIL』となっている場合は認証に失敗しているということです。

そもそも設定されていない場合は、SPFやDKIMといった表記自体がされなくなります。


メール経路の確認方法

上記の方法でメールのソースを確認できますが、そのソースを使ってメールの経路を確認するためのツールがGoogleから提供されていますので合わせてご紹介します。

そのツールとは「Messageheader」です。

コピペで簡単に利用ができ、複雑な操作は不要です。

では、使い方についてです。


1.Gmailのソースを表示して、[クリップボードにコピー]をクリックします。

ソースを開いて、[クリップボードにコピー]


2.「Messageheader」を開きます。

Messageheader画面


3.貼り付け欄にソースを貼り付けて、「上記のヘッダーを分析」をクリックします。

上記のヘッダーを分析


分析結果が表示されます。
どのような経路でメールが届いているかをわかりやすく確認することができます。

例えば、メールが届くまでに時間がかかった場合に、どこで遅延が発生しているのかを確認したいときに便利です。

分析結果