【トラブル解決!】Twitterの画面がいきなり日本語じゃなくなってしまったときの対処法

2021年10月23日

Twitterを始めるためにアカウント登録をしたところ、登録までは日本語だったものが、利用画面になるといきなり英語で表示されてしまいました。

あ、アカウントはこちらです。(唐突な宣伝)https://twitter.com/Astha_Hirotake

twitterが英語表記になっている状態


MacのChromeで見ていたのですが、ログインした直後に画面が表示されたかと思ったら、日本語からいきなり英語表記に。

なんですかこれは?

調べてみれば、何かしらのきっかけで言語が変わることがあるらしいとのこと。

何かしらのきっかけって、初めてログインしただけなんですが・・・。

まぁ、この手の現象はFacebookでも起きたことがあるので、英語ベースのアプリではよくあることなのかなって思います。

ただ、当然元々日本語だったものが英語になるということは、どちらの言語にもできる設定があるということなので、探してみたところやっぱりありました。


twitterの言語設定

※英語以外の言語になっていたとしても、設定の場所は同じなので参考にしてください。※画面は2021年9月のものです。

1.サイドメニューから「More」をクリックし、「Settings and privacy」をクリックします。

英語状態のメインメニュー


2.表示された「Accessibility,display,languages」をクリックし、右側の「Languages」をクリックします。

Languagesメニュー


3.「Display language」をクリックし、表示された言語の中から『Japanese – 日本語』を選択します。

Display languageメニュー


4.「Change display language」と表示され、「Display language」が『Japanese – 日本語』となっていることを確認して、[Save]をクリックします。

Change display languageメニュー


無事、日本語に戻りました。良かった^^

日本語表記に戻った画面


ちなみに、iOS、Androidに関わらず、スマホのアプリで英語表記になってしまうのは、端末の設定と紐付いているためだそうです。

スマホが英語表記ならtwitterも英語になるということで、残念ながらアプリだけを日本語にするということはできないようです。


宣伝:株式会社アスタの会員サイト

今回の記事のような「あなたの面倒をラクにする」ためのIT活用情報を学べるアスタの会員サイトをご紹介します。

登録自体も無料で、コンテンツも無料で見られるものがたくさんあります。

ITを活用すれば今まで1時間かかっていた作業が10分に短縮できることもあります。

ぜひ、このサイトでIT活用に関して学んでいただければと思います。

興味がある方は以下のリンクをクリック!

IT活用twitter,日本語化

Posted by hiro