なぜメールの開封率が100%にならないのか

2021年9月18日

開封率の仕組み

開封率はメルマガ内に小さな画像を埋め込み、それが読み込まれたかどうかで計測することができます。

つまり、

「開封数(画像の読み込み数) / メール配信数 × 100」(%)

という計算式となります。

広告からメルマガ登録される場合にはLP(ランディングページ)の内容を読んで、「この人のメルマガを読みたい!」と思って登録しているはずなので本来であれば100%近く開封されるものだと思いますよね。
しかしながら、現実的には様々な理由でそれはありえません。

例えば、

  • メールを開くソフトが画像を読み込まない場合
    • Gmailなどでは迷惑メールフォルダーに入ったメールの画像が読み込まれません。
    • 設定ミスなどでメールをテキスト形式で送った場合、画像が設定されないため開封数が計測できません。

  • メールアドレスの登録間違い
    • 登録時のメールアドレスが間違えているため、そもそもメールが届いていない。
    • 登録後にメールアドレスが変更になったため、メールが届いていない。

  • メールのレピュテーションが低くて開封されにくい
    • 配信元としての信頼度が低く、送信したメルマガが迷惑メールに振り分けられたため開封されない

などの理由があるので、結果的には高くても80〜90%くらいが上限になります。

はじめはレピュテーションボリューム(送信したメール通数)が小さいので受信者によっては迷惑メールに入るケースが比較的多いと思われます。

長期的にメールの品質(なるべく多く開封されたり、リンククリックされるように)を高く保ってレピュテーションが向上するように運用していかなければなりません。

開封率を上げるためには?

1.件名はできるだけ短く メールソフトで表示される件名が見切れないように15文字程度を意識しましょう。

2.件名には目を引く言葉を入れる お得感や新情報、実データに基づく数字などを盛り込みましょう。
ex)今なら半額、ついに登場、○%改善されます

3.配信するタイミングをターゲットとなる読者に合わせましょう。
開封されるタイミングを考え、 例えばビジネスマンなら通勤時間帯、主婦層であれば平日の昼など。
曜日も意識しましょう。